美しい日本の文字のために

       23, 2017 14:00


      「長刀研ぎ」は
      セーラー万年筆を象徴するペン先であると同時に
      ペン先職人・長原宣義氏を
      象徴するものでもあります。

      一度は忘れられた技術が、
      1990年代から始まったペンクリニックを通し、
      愛好家さんのニーズに応える形で
      長原氏の手により復活しました。
      2017082021585896a.jpg

      現在、製造を休止している長刀研ぎですが、
      KA-KU奈良店には1本残っています。
      日本の文字を美しく書くための
      特別なペン先を
      ぜひ体感してください。

      プロフィット21 長刀研ぎ
      21 金ペン先(中細)¥25,000+税



      •   23, 2017 14:00
      •  0

      まっすぐな美しさ

       22, 2017 14:00


      スイス・カランダッシュ社の
      エクリドールコレクションは、
      六角軸に精密な彫刻を施した美しいデザインで
      愛され続けています。
      201708201324494f2.jpg

      2016年に日本限定で復刻した
      スターリングシルバー925「リーニェ」は
      フランス語で「線」を意味する通り、
      ボディに刻まれたストライプが印象的。

      静かなノック音と
      定評のあるボールペン芯で
      機能面でも優れた一本です。

      ノック式ボールペン¥50,000+税



      •   22, 2017 14:00
      •  0

      いつまでも、新しい

       21, 2017 14:00


      西暦2000年になっても
      古さを感じさせないデザイン、
      をコンセプトに1966年に発売された
      ラミー2000は、ドイツ・ラミー社の代表モデル。
      昨年2016年には発売50周年を迎えました。
      20170819133107922.jpg

      優しく温かみのある手触りは
      木軸を思わせますが、
      実は強化樹脂マクロロン製。
      それに髪の毛ほどのこまかい線をつける
      ヘアライン加工を施すことで
      独特の質感を生み出しています。
      ボディは継ぎ目が見えなくなるまで
      磨かれていて、
      ラミーの技術の高さが見てとれます。

      きっと、この先もずっと色あせることのない
      ラミーの名品です。

      Lamy2000 写真上から
      4色ボールペン¥12,000+税
      ボールペン¥10,000+税



      •   21, 2017 14:00
      •  0

      どんな時も

       20, 2017 14:00


      こんなに細いのに、3つも入ってるんですね。

      黒・赤のボールペンにシャープペンシルの
      3機能を備える、パーカーの
      ソネットオリジナル マルチファンクションを
      手にしたお客様の感想です。
      20170817124504caa.jpg

      色々と必要だけど、
      ポケットがかさばるのはちょっと……、
      手帳にすっきりと収納したい、
      など、効率を求める方にぴったりです。
      色の切り替えはツイストで、
      シャープペンシルの繰り出しはノックで、
      スマートに使えます。

      実はこのマルチファンクション、
      パーカーの製品で唯一の
      MADE IN JAPAN。
      パーカーのスタイリッシュさと
      日本のものづくりの確かな技術で
      どんな時もあなたを支えます。

      写真上から
      レッドGT¥7,000+税
      ラックブラックGT¥7,000+税
      ステンレススチールGT¥6,000+税
      ラックブラックCT¥5,000+税
      ステンレススチールCT¥5,000+税



      •   20, 2017 14:00
      •  0

      手書きでSNS

       19, 2017 10:00


      SNSを見ていると
      手書きツイートというものをしている方が
      多いことに驚きます。
      そして、そのほとんどが
      万年筆で書かれていることを
      ペン屋として嬉しく思います。
      2017081422172810d.jpg

      KA-KU奈良店のノートLABOでは
      万年筆に適した中紙を揃えています。

      本日8月19日は今月2回目のノートの日。
      製本代(¥300+税)が無料です。
      SNS映えするノートで
      手書きツイートを楽しんでください。



      •   19, 2017 10:00
      •  0

      夏の終わりに絵本を

       18, 2017 14:00


      あたたかい日曜日の朝に
      ぽん!と生まれたちっぽけなあおむし。
      月曜日にはりんご、
      火曜日にはなし、
      水曜日にはすもも……
      次から次へと食べました。
      そして、ふとっちょになったあおむしは
      さなぎになって何日も眠り、
      やがてきれいな蝶になります。
      20170816122315c6a.jpg

      ご存知、エリック=カールの
      『はらぺこ あおむし』

      「食べることは生きること」を
      こんなにもシンプルに、力強く、そして美しく
      表現している絵本は
      そうあるものではありません。

      夏が終わるのはさみしいけれど
      もうすぐ実りの秋。
      しっかり食べて、しっかり生きる。
      日本の8月だから想うことです。



      •   18, 2017 14:00
      •  0

      理想の万年筆

       17, 2017 14:00


      1919年、創立者の中田俊一氏が
      万年筆事業に着手したことから
      その歴史をスタートさせたプラチナ万年筆。
      同社の象徴ともいえるのが
      #3776シリーズです。

      1978年発売の「ザ・万年筆#3776」は
      作家でコレクターの梅田晴夫氏を中心とする
      研究グループとともに
      「理想の万年筆」を目指して開発されました。
      201708151325522e2.jpg

      #3776センチュリーは
      #3776の基本的な仕様を継承しながら
      設計やデザインを全面的に改良し、
      2011年に誕生した新シリーズです。

      キャップをしたままでもインクが乾きにくい
      「スリップシール機構」や
      「日本の文字を美しく書く」ための
      絶妙な弾力を持つペン先などで
      愛好家さんを増やし続けている
      プラチナ万年筆の超定番です。

      #3776センチュリー万年筆 14金ペン先
      ブルゴーニュ・シャルトルブルー・
      ブラックインブラック
      各¥10,000+税



      •   17, 2017 14:00
      •  0

      ピアレスというステイタス

       16, 2017 14:00


      2016年に創業170周年を迎えた
      アメリカ・クロスの「ピアレス(peerless)」は
      同社の最高級コレクションです。

      「ピアレス スペシャルエディション」は
      世界三大都市をテーマにした
      ピアレスの限定品。
      ニューヨーク・ロンドン・トウキョウの3本のうち、
      KA-KU奈良店にあるロンドンを紹介します。
      2017081413362416a.jpg

      23金ゴールドプレートの軸に
      エリザベス・タワー(ビックベン)の彫刻が施され、
      天冠にはスワロフスキークリスタルが輝く
      豪華な作り。
      濃くなめらかなボールペンの書き味は
      クロスが多くの方に支持される
      理由のひとつです。

      ビジネスシーンで
      特に男性に使っていただきたい
      比類なき一本です。

      ピアレス スペシャルエディション
      ロンドン(23金ゴールドプレート)
      ボールペン¥49,000+税



      •   16, 2017 14:00
      •  0

      奈良からの祈り

       15, 2017 14:00


      奈良で毎年8月15日に行われる
      大文字送り火は
      戦没者慰霊と世界平和を祈る
      火の祭典です。
      20170814133623f11.jpg

      「大」は宇宙を意味し、
      文字を作る火床は108個。
      また、文字の大きさは
      一画目が109m、二画目が164m、
      三画目が128mあり、
      これは日本最大級です。

      そして世界遺産・春日大社では
      約2000基の石灯籠、
      約1000基の釣り灯籠の
      全てに火が入る「万灯籠」が催され、
      奈良は祈りに包まれます。

      8月も折り返しまで来ました。
      日射しは強いですが、
      風はずいぶん涼やかになりました。
      季節の変わり目、どうぞご自愛ください。

      *大文字送り火の点火は午後8時です。



      •   15, 2017 14:00
      •  0

      25年目の定番

       14, 2017 14:00


      パイロットは1918年
      「株式会社並木製作所」として創業した
      日本の3大万年筆ブランドのひとつです。
      世界初のノック式万年筆「キャップレス」(1963年)
      ペン先の硬さを調整できる「ジャスタス」(1979年)
      など、ユニークな製品を
      生み出し続けています。
      20170813135908f16.jpg

      同社が、創業74周年にあたる1992年に
      発売したのが「カスタム74」です。
      現代の日本人の好みの書き味に
      合わせて作られたそれは、
      今やパイロットを代表するモデルとなりました。

      万年筆らしい軸に14金ペン先を搭載し、
      EF(極細)からBB(極太)まで
      9種類のペン先が揃います。
      あなたのライフスタイルにぴったり合う、
      好みのペン先を見つけてください。

      万年筆¥10,000+税
      9種類のペン先が揃うのは黒軸のみです。



      •   14, 2017 14:00
      •  0

      WHAT'S NEW?